about

無題.png

atelier Yazd アトリエ ヤズド 塩田時子

2002年から7年間、鞄生産の現場で働きながら(東大阪の紳士鞄の工場を経て、大阪の鞄職人の工房に入る)、鞄制作の技術を学ぶ。
2005年からは、鞄生産の工房で働きつつ、同時に制作ユニット『Seasoning Notes』にて、

関西を中心に7年間の活動を展開。
2009年からは、制作ユニットの活動を同時進行しつつ、約3年間、一人での量産仕事を経験。

2012年から地元である三重県名張市に工房を構え、『atelier Yazd』としての活動をスタート。
屋号の「Yazd(
ヤズド)」は、2004年の年末から2005年の年始にかけて訪れた中東の国、

イラン国内を旅する中で感銘を受けた街の名前です。

2022年2月から三重県伊賀市に移住。工房とギャラリーを兼ねた住居を構える。



日常の生活の中で浮かんだ好きなカタチを鞄や小物にうつし、
ヌメ革、綿・麻などの天然の素材、軍のデッドストックの素材、
古裂等の骨董素材などを組み合わせて、
強度や使い勝手を考慮しつつ、
その時に使える最善のモノ、その時に出せる最善の作りで、
ひとつひとつしっかりとお作りしています。

イランで出逢ったキリム絨毯の柄のモチーフと、
そこに込められた意味を基に、
独自の解釈も加えて作ったキリムモチーフの刺繍を
商品のどこかに刻んでいます。

 

刺繍の意味

・太陽   不死や再生のイメージ(こちらはギャッベの柄を参照しています)
・生命の樹  不死・不屈・不滅・成功・永遠の命の象徴
・水  水の流れのように幸福が続くように
・目  魔除
・鳥  幸福・愛・喜びの象徴
・星  幸福・豊穣の象徴