検索

● 鹿革の素材変更のお知らせ & イベントのお知らせ

気が付けば、もう7月でした。 時間が経つのが異常に早くて、心底恐ろしく思う今日この頃。 年明けから上がらない右肩と、湿気の強い暑さと格闘しつつ、 工房にこもる日々であります。

今回は、素材変更のお知らせです。 商品の素材として、長く使用させて頂いていた、「ヌメ鹿革」ですが。 こちらの革を製作して下さっていた革のタンナーさんが、昨年末で廃業されてしまい、 この鹿革が手に入らなくなっておりました。

別のタンナーさんが作った革を見せて頂いたりもしましたが、 今のデザインの鞄を作るには、革の厚みとボリューム感が足りずに断念をし、 この半年、貴重な手持ちの在庫革を少しづつ切り崩しながら、 その革に変わるモノをずーっと探しながら過ごしておりました。

そして、今回、「これならば!」と思える素材にて、鹿革の良さが一番感じられていた 「ふらりぶらりさんリュック」の製作をしてみました。 鹿革よりも張り感は強いですが、柔らかさとしなやかさもしっかりとあり、 ドレープがとても綺麗に出るのです。

その素材は、フランス製のボックスカーフ革。 カーフとは、子牛の革です。 鹿革とは、質感は異なりますが、その独特のしなやかさと、柔らかさが、 本当に心地良いのです。

こちらの革は、今までの鹿革の様に、タンニン成分でなめした、ヌメ革ではなく、 薬剤でなめした、「クローム革」という種類の革となります。 これまでは、「ヌメ革が一番!」という、極度のヌメ革信奉者で有った私ですが、 今年に入ってから、「良いものは、良いと認めよう!」と、思えるようになりまして、 先ずは、「クードゥー」という動物のクローム革を使って鞄を製作してみたところ、 これがとても良かったのです。

なんとも言えない、しなやかさとコシの有る質感。 これは、ちょっとヌメ革では出会った事の無い触り心地でした。 そして、クローム革は、丈夫であるという点も魅力です。

クローム革は、「経年変化がしにくい」などの思い込みに近い懸念もあったのですが、 尊敬する財布の職人さんが、「クローム革も良い経年変化をする!」という事を、 以前に教えて下さっていた事も有りましたし、 私自身、鞄にしてみて、「これは良い変化をする!」と確信が持てました。

長々と書きましたが、これまでヌメ鹿革にて製作をしてまいりました鞄たちは、 こちらのボックスカーフ革に移行していきたいと思っています。 革色は、黒と茶の2色となります。 ただ、こちらの革は、質が良いものだけに、鞄の価格が上がってしまいます。 本当に大変申し訳無いのですが、その点はご了承下さいませ。 ですが、使って頂いて、きっとご満足頂ける革だと思っております。

今月のJR名古屋高島屋さまでのイベントにて、ボックスカーフ革と、クードゥー革の 鞄たちを持参致します。 鞄を買うか、買わないかは、さておきまして、 先ずは、その質感だけでも、体感して頂けると嬉しいです。

そして、ヌメ鹿革をご愛用して下さっている皆さまにおかれましては、 これからまた長くご使用して頂けるように、お手入れのアドバイスもさせて頂いておりますので、 どうぞ遠慮無く、お伝え下さい。 修理も随時、お受けしておりますので、どうぞ、気兼ねなく、お伝え下さい。 修理用の鹿革は、キープしておりますので、ご安心下さい。 鹿革は、私自身、大好きな素材です。 またいつか、同じクオリティの革が見つかった時には、復活したいと思っております。

●イベントのお知らせです

今月、一年ぶりで名古屋へお伺い致します。 7月半ばの名古屋は、きっと暑い事と思いますが、 お店の中は涼やかに過ごして頂けます。 一点ものの商品をメインに、色々とお作りして、持参する予定です。 お時間は頂きますが、セミオーダーでのご注文もお受けしておりますので、 どうぞ、お気軽にお声がけ下さいませ。

今回もまた、本当に素敵な作り手の皆さまとご一緒させて頂きます。 初めてご一緒させて頂く方もいらっしゃるので、 私自身、ミーハーに、楽しみにしております♫ きっと楽しい時間を見つけて頂けると思いますので、 お近くにお越しの際は、どうぞ覗いてみてください( ^∀^)

「日本のものあわせ」 JR名古屋高島屋さま9階リビング 7/17(水)〜7/23(火) 10:00〜20:00 高島屋さまHP → (Click!)



ボックスカーフの「ふらりぶらりさんリュック」