top of page
検索

⚫︎ 「洗える鞄」を作りました


6月ももう12日になろうかという事で、またもや時間の早さにおののいております。

急な暑さに身体がついていけていない私ですが、皆さまはお元気でしょうか。


今月に入ってから「洗える鞄」を作ることに専念しておりました。

これから梅雨や夏を迎えるにあたり、雨や汗が気になる時期という事で、革では無い鞄が重宝する季節。ようやく形に出来ました。

自分で言うのも何ですが、とっても良い鞄たちが出来上がったのです。どの子も、私自身が使いたい鞄たちです。

丁度、この鞄たちが仕上がったタイミングで、オーダー品のお受け取りにお越下さったお客さま方に、ワイワイと眺めて頂きまして、ご意見等も伺いつつ、お買い上げもして頂きました。いつも本当にありがとうございます。


その後、この鞄たちをネットショップを立ち上げて販売しますよー!と意気込んでいたのですが。如何せん、写真撮りが非常に難しく、素材の良さや風合い、フォルムの出方、大きさ感などが一切伝わらないという事が判明して落ち込んでおります。

しかし、ここでめげていては、鞄たちに面目が立ちません。

こちらのブログを読んで下さっているのは、ヤズドのコアな顧客さまだと思っておりますので、ご興味ある方は、メールやお電話にてご連絡下さいませ。

明日からオーダー品の製作に入りますので、細やかな動きは取れないかもしれませんが、お取り置き希望等ございましたら、遠慮なくお伝え下さいませ。


※連絡先

TEL &FAX → 0595-51-7726



「洗える鞄」


⚫︎大きさ タテ36㌢✖︎ヨコ30㌢✖︎底マチ幅22㌢ 

⚫︎長い方のハンドル→幅20㍉✖️長さ55㌢ 

⚫︎短い方のハンドル→幅20㍉✖️25㌢ ⭐︎女性でしたら腕も通るかと思います

⚫︎前面にホック付の大ポケット有 

⚫︎前面の大ポケットの内側に貼りポケット有

⚫︎内側にホック付の大ポケット有

⚫︎底マチ内側に大ポケットと同素材のウラ補強生地有

⚫︎取り外し可能なハンドル止めの革パーツ 2点有

⚫︎ホック、カシメ金具は全て真鍮

⚫︎価格 ¥35,000(税込)



今回、3種類の素材でお作りしています。

型紙は全て同じですので、大きさは全て同じになります。

洗える事、なるべく軽い事をモットーにして製作した鞄で、大小のポケットを組み込む事で便利さも探求しています。

素材によって違いは出ますが、負担が掛かる箇所への強度もしっかりと重視しています。

下記の写真順に素材と特徴を説明いたします。



❶ナイロン素材のストライプ生地。こちらは、群馬県桐生で織られた、高密度に織られた横糸の筋が際立つグログラン織の生地です。グリーンと黒、ブルーと黒の柄となります。プリント柄では無く、織柄になります。触り心地が滑らかで変なツヤ感はありません。

今年初めに伺った岐阜の生地屋さんで見初めた生地で、今回どうしても使ってみたかった素材です。

こういった生地を使うのは初めてなのですが、角度によって見える柄の表情がとても面白く、何よりとても軽いのです。そして高密度なので、タテヨコにいっさい伸びが無く丈夫です。

今回、あえてハンドルは細幅に作っているのですが、内側に同生地の芯を入れ込んでステッチで抑えましたので、強度はかなり強くなっていると思われます。

それでも、どこまで持つのか不明ですので、私自身、自分用の鞄を作りましたので、モニターして経過観察していく予定です。

派手でも地味でも無い柄がとても良くて、私自身かなり気に入っております。

取り外し可能な革パーツは、クードゥー革の赤茶です。

鞄の重さは、280gでした。驚きの軽さです。

在庫はグリーン、ブルーの2点です。



❷イタリア軍ボートシート生地、内装には、フランス軍ベットシーツ生地、ハンドルはフランス軍のパラシュートバッグ用の麻テープを使用しています。全てデッドストック生地です。このイタリア軍の生地は、既に全部手持ち分も使ってしまったと思った所に見つかってくれました。もう入手出来なくなっているので、これが本当に最後の素材です。

正直、かなり厚みの有る麻生地ですので、軽くは無いのですが、麻生地本来のタフタフ感がとても良くて、麻の重量感というか、質量感がとても良いのです。

フランス軍の麻テープを折り畳んでステッチしていますので、細巾ですが強度は強いです。

洗いにかけた際に、麻生地からアクがしばらく出ますが、何度か洗う内に無くなります。

ただし、厚みが有る素材なので乾きは遅いです。

無骨な麻生地好きの方には、是非お勧めしたいです。

取り外し可能な革パーツは、クードゥー革の濃茶です。

鞄の重さは、720g。うちの通常の革鞄に比べれば軽いです。

実は2点製作したのですが、先日、仕上がった直ぐのタイミングでご来訪下さったお客さまが一点ご購入して下さったので、こちらが本当に最後の1点になります。


★こちらの商品は完売いたしました



❸こちらも岐阜の生地屋さんから購入した生地です。綿80%ナイロン20%の混紡で、ワックス加工を施しているので、白く斜が掛かっているアタリが出た表情をしています。ナイロンが入っているからか、触り心地に独特の張り感とシャリ感が有りまして、この感じが個人的にとても好きな質感です。

写真では、普通の帆布っぽく見えますが、全体にぼこぼことした起伏感の有る表情がまた良いのです。そして、洗った時の乾きが思った以上に早いのも魅力です。

こちらの強度はテスト出来ていませんが、通常の帆布と同じ、もしくはナイロンが入る事でより強さが有ると思われます。

内側ポケットと底マチ裏地には、「ベンタイルウェザー」という、高密度に織られた綿素材の生地を使用していますので、強度的にもばっちりです。この鞄での使用カラーはカーキ色です。重い物を入れられる方にはお勧めのバージョンです。

取り外し可能な革パーツは、イタリア製ヌメ牛革の赤です。

鞄の重さは、500g。

こちらも、2点製作していたのですが、これまた仕上がった直ぐのタイミングでご来訪下さったお客さまがご購入下さいましたので、在庫は写真の1点になります。



❶ナイロン素材のグログラン織ストライプ生地

❷デッドストックのイタリア軍ボートシート生地 ★こちらは完売いたしました

❸日本製の綿とナイロン混紡のワックス加工生地

前面の大ポケットの内側に貼りポケットがついています。スマホや携帯、キーなどを収めて頂けます。ポケット生地は、本体素材ごとに異なります。

底マチ裏地、内側の大きなポケット。財布など貴重品を入れておくのに安心です。

サイドから見た底マチです。

スタンドに提げてみた姿。麻なのでクタッと感が有ります。

コットンとナイロン混紡なので、パリッとした張り感が有ります。

ナイロンのグログラン織なので、独特のクッタリ&クシュっと感が有ります。

この生地バージョンのみ、サイドにホックを付けていまして、留めるとコロっとしたフォルムになります。

ブルーです。

サイドを留めた所です。

家にあったホワイトリカーと料理酒の1800㎖紙パックのものを2本入れてみました。

3本は余裕で入りそうです。多分、4本までは入ると思われます。

一泊くらいの旅行用品は普通に収まります。


Comments


bottom of page