検索

● 横浜髙島屋さまでのイベントのお知らせです

来週の6/1から一週間、横浜髙島屋さま7階にて開催されます「日本のものあわせ」に参加致します。毎年6月の恒例となっています横浜でのイベントです。


コロナが始まって、世の中が騒然としていた年にも、強気で開催して下さった横浜髙島屋さま。そんなタイミングだったというのに、どのお客さまにも、本当に良くして頂いて、なんとお礼を申し上げて良いのやら…と、いつも感謝している横浜です。

気持ち的には、第二の故郷と勝手に親しんでおります。


今年はどんな出会いがあるでしょうか。

毎年お会い出来るお客さまとの再会もあるでしょうか。

色々と想像をしつつ、いつも通りにわくわくとドキドキが入り混じった気持ちで、只今、必死で製作のラストスパートを掛けております。

必死過ぎて、曜日感覚と時間感覚がおかしくなっていますが、来週には元気に横浜に向かいたいと思っています。


コロナがやや落ち着いているタイミングでは有りますが、万全の対策をしてお伺いしますので、もしも、お近くにお立ち寄りの際は、7階の「暮らしステージ」にお立ち寄り頂けると幸いです。

基本的に、全て即売の商品(その場でお持ち帰り頂ける商品)となっておりますが、別素材でのセミオーダーもお受けしておりますので、どうぞ、お気軽にお声かけ下さいませ。

これまでにご購入下さった鞄たちのメンテナンスも同時にお受けしておりますので、こちらも遠慮なくお伝え下さいませ。


今回も素敵な作り手の皆さまとご一緒致します。

とてもクオリティの高い作品を作られる皆さまです。

そして、面白くて、楽しい、魅力的な方々ですので、

どうぞじっくりと作品をご覧頂いて、ゆっくりお話もお楽しみ下さい。


「日本のものあわせ」

6/1(水)〜6/7(火)

横浜髙島屋7階 暮らしステージ

10:00〜20:00(最終日は17時まで)


横浜髙島屋さまHP → https://www.takashimaya.co.jp/yokohama/




ここからは余談です。

ゴールデンウィークがとっくに過ぎ、只今焦っております。

一ヶ月なんて時間はホントにあっという間に過ぎてしまうと分かっているのに油断してました。ですが、この一ヶ月は、とても目まぐるしく、そして、とても嬉しい一ヶ月でした。


2月に移住と引っ越しを終えたものの、正直、バタバタし過ぎていて、ちゃんとした告知もしていないし、未だに、顧客さまへのお知らせも出来ていない状況で居るのですが。

そんな中、ご近所の方々がお越し下さって、ご注文をして下さったり、

ご遠方からお越し下さってご購入下さったりと、本当に嬉しく素敵な出会い&再会が沢山有りました。

有難い時間を新天地で過ごせております。

この場をかりて、皆さま、本当にありがとうございます!


お客さまがお越し下さるに当たり、本当はもっと展示スペースもちゃんと整えねば!と思っておりますし、庭の雑草の伸び放題っぷりも酷いので何とかしたいのですが。

いかんせん、やっぱり、ひとりでは限界が有るという状況です。


特に庭と周辺の草がえらい事になっているので、残して下さった草刈機(農家さんの使う本気タイプ)の燃料やら使い方をご近所さんに伝授して貰ったのですが。

五十肩ならぬ、五十ひじみたいなのに、年明けから襲われておりまして。

何せ、左ひじが痛くて仕方ない。

草刈機を持ち上げた時点で駄目でした。

ここまで騙し騙しやって来ましたが、流石に辛くなってきたので、横浜から戻ったら、ちょっと病院に向かおうかと思っています。

草刈機を自力でぶいーんと動かしたいのですが、まだまだ先になりそうです。

家周辺がジャングル化する前に(既にしている)、どないかせねば!です。


そんなジャングル化激しい庭に出ると、私をとまり木とでも思っているのか?トンボやら小さな野鳥が頭や肩に止まろうとするのです。

この間は裏庭側に、雌の雉が来ていました。

どんどんと生物達との距離が詰まって来ています。



遂に『芽吹きのトート』の刺繍フタが仕上がりました。感無量です!

ひじのダメージはこれを刺し過ぎたせいも有ります。


『芽吹きのトート』。本体鞄は、フランス製ボックスカーフ革。フタは取り外し出来ます。

茶色のカーフ革は厚みが変わってしまった為、今回が最後になります。


『樹の実リュック』。久々にオイルドコットンバージョン、出来ました!

写真では分かりにくいですが、初めてのベージュ色です。

カーキ色のヌメ馬革とのコンビです。


『樹の実case』のジョイントパーツ縫いの途中です。

この子も横浜に連れて行きます!

『樹の実case』の引き手パーツ縫い途中です。


『樹の実case』出来上がりました。革は、クードゥーという動物の革です。