検索

● ご覧くださっている個人事業主の方へ(給付金の事)

こちらのHPをご覧くださっている確定申告をされている個人事業主の方々がどれだけいらっしゃるかは分からないのですが。今回は、コロナウィルスにより、昨年より収入が激減した個人事業主(法人もあり)の方々に支給される「持続化給付金」について、書かせて頂きます。



5/1から、経済産業省の中小企業庁による、「持続化給付金」のオンライン申請が始まっています。

この「持続化給付金」は、今年の各月の何処かの月の売上金額が、昨年の同じ月の売上と比較したときに半減している場合、確定申告をしていて、諸々の書類を用意して申請が通れば、個人事業主で最大で100万円(法人で200万円)の給付金が出る制度です。

★申請対象の詳細と申請に必要な書類一覧は、下記に添付させて頂く中小企業庁のHPのサイトで確認をしてください。



こちらの給付金、申請の為の書類等用意して、スマホ等で書類データの写真を撮影し、それをデータとして、オンラインで送るかたちの申請となる様です。

早い場合は、申請から2週間で口座への入金があるそうです。

これは、個人事業主にとっては、かなり有り難い制度です。

国の動向を常に疑って掛かっている人間なので、こんな制度がほんまに有るのか?と疑っていたのですが、5/1からその申請が始まりました。



私の場合、申請に必要な昨年の確定申告書の収納印付の控えが手元に無い為、これを税務署に申請せねばならず、書類を揃える段階で、かなり出遅れてはいるのですが。

そういう書類が必要な事も、税理士の友人に教えて貰わなければ、全く知らないままでした。ちなみに、確定申告書の収納印付の控えを貰うにも、郵送でも2週間か、混んでいる場合は、それ以上かかる様ですので、どうぞ早めに手続きを!



こちらの給付金、とてもありがたい制度ですが、知っている方は知っておられますが、結構、知らない方も多いのです。

かくゆう私自身も、いつもお世話になっているイベント主催の方から教えて頂いて初めて知ったくらいです。

教えて頂いていたので、経産省のHPをちょこちょこと覗いてはいたのですが、申請方法がいまいち分からず、どうしたもんかと思っていたら、それを天から察知してくれたのか、税理士の友人が助け舟の連絡をくれました。今日も、大先輩職人さんが、この件でご連絡を下さいました。こうやって教えて頂けるのは、本当に有り難い限りです。そして、本当にありがとうございます。



私自身がまだ申請出来ていないので、なんとも言えないのですが。

税理士さんがついていらっしゃったり、そういう情報を察知する事に長けている方は、この給付金の事をご存知だと思います。

しかし、私の様に、そういう事に、とんと疎い個人事業主さんは、結構いらっしゃるのではないかと思います。

もしも、こちらのサイトをご覧くださっている個人事業主さま、該当している場合は、是非とも、申請して、窮状を凌いで頂ければと思います。

そして、皆さまのご友人の方で、そういう個人事業主の方がいらっしゃって、窮地に立っている方が居られたら、伝えてあげて頂けると幸いです。取り急ぎの情報でした。




以下は、申請に必要な情報のサイトです。


★経産省中小企業庁HP→ https://www.chusho.meti.go.jp

★持続化給付金申請サイト→https://www.jizokuka-kyufu.jp